2018年11月30日

【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門





【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


 社会人として最低限知っておきたい民法の知識をまとめました。

 民法は、人と人との契約関係などについて規定している法律です。
 社会人ならば、誰しも、様々な人々と契約関係を結んでいることになります。
 例えば、営業担当社員であれば、会社の商品をお客様に売るという形で、売買契約等を結んでいることでしょう。
 仕事が営業とは関係ない方でも、お昼の弁当を買うためにコンビニなどに行くことがあるでしょう。その場合は、弁当を購入するという売買契約を結んでいることになるのです。

 つまり、社会人として生活していくためには、民法に規定されている契約関係と無縁ではいられないのです。
 しかも、民法などの法律は、「知らないから関係ない」では済まされません。
 誰もが、民法の知識を有していることを前提とした規定になっているため、「民法を知らなければ、大損をする」のです。

 法学部で勉強した方でもなければ、民法の条文に触れる機会はないと思います。
 でも、社会人ならば、法学部出身でなくても、民法の知識は有していて当たり前なのです。

 本書は、社会人ならば、常識として知っておきたい民法の知識をまとめました。
 法律の勉強をしたことがない方でも読めるように、極力、平易な会話文で解説しています。


 次のような方に、本書をお読みいただきたいと思います。

 □ 宅建士試験、行政書士試験等の法律関係資格の受験を目指す方に民法の入門書として。

 □ 公務員試験を受ける方に民法の入門書として。

 □ これから社会人になる方に一般常識として。

 □ もちろん、既に社会人になってしまっている方も、今から勉強を初めても遅くはありませんよ。


●本書のレベル

 本書は、民法の入門書です。
 民法について、何も知らない方が、独学で、民法の専門書を読めるレベルに引き上げることを狙いとしています。
 民法総則、物権法、債権法の中から、民法を理解するうえで、最低限知っておきたい事項を抽出しました。

 目安としては次のようにお考え下さい。

「宅建士試験で、必要とされる民法の知識の半分」

 このレベルの知識を本書によって身に着けることができます。
 本書をお読みいただいた後ならば、宅建士試験の権利関係のテキストが独学で読めるレベルになっていることでしょう。


『ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズ』
『ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説シリーズ』

 これらのシリーズに取り掛かる前に、本書をご一読いただくと、理解しやすくなるはずです。


●全文が会話文形式

 ライトノベルで学ぶ 民法入門は、『会話文形式で、すらすら読めるテキスト』です。

 一般的な民法の解説書や判例六法等を読んでいると眠くなって頭に入らないという悩みを抱えている方も多いと思います。

 でも、小説ならば、眠くならずに、すらすら読めるのでは?


●ライトノベルで学ぶ 民法入門 あらすじ

 宅建士資格すら有していないのに、突然、伯父の不動産会社を引き継ぐことになった宅本建太郎。彼は、元アイドルで恋人の司法書士桜咲胡桃の指導を受けながら、民法の基本知識を学んでゆく。

・主な登場人物

 宅本建太郎
 桜咲司法書士事務所補助者。宅建資格の勉強中。ひょんなことから伯父不動産王 宅本健一の莫大な遺産を相続することになる。『株式会社 宅本・オーガナイゼーション』の二代目会長兼社長に就任。

 桜咲胡桃
 宅建士。司法書士。桜咲司法書士事務所所長。宅本建太郎の上司にして恋人。元アイドルで可愛い顔立ちに、小柄ながらもB90 W60 H86と素晴らしいボディの持ち主。


●民法改正への対応について

 このテキストはいわゆる債権法や相続法分野の改正に対応しています。

 原則として、改正に従って、記述していますが、現行法で勉強する方にもお読みいただけるように、現行法の解説が必要な部分については、現行法にも言及しています。

 とりわけ、債権法改正により、大きく変わった分野については、試験で狙われる可能性が高いことを考慮し、現行法と改正法の違いを詳しく記述しています。


●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 大滝 七夕
 新潟県村上市出身。『大滝七夕』は、ネット小説・著作限定のペンネームで本名や作家名ではない。
 法学部在学中から資格試験の勉強を始め、宅建、行政書士、司法書士の資格試験に独学で一発合格。大学卒業後は、都内の行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆。その後、某新人賞に応募して、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンス、ファンタジー、武侠小説などを執筆している。
 行政書士として開業しており、十数年以上にわたり、建設業、宅建業の後継者問題、事業承継を専門的に手掛けている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 判例六法ラノベ化プロジェクト
 小説を読む感覚で、隙間時間にすらすらと読めて、なおかつ、『ハイレベルな』教材を開発しようと集まったベテランの実務家(弁護士、司法書士、行政書士、宅建士等)と資格スクール講師の集団。日々、試行錯誤しながら、新しい教材を開発中!
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:18| 【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門

2018年11月29日

契約の成立

契約の成立については、民法に規定があるので確認しておこう。

(契約の成立と方式)
第五百二十二条 契約は、契約の内容を示してその締結を申し入れる意思表示(以下「申込み」という。)に対して相手方が承諾をしたときに成立する。
2 契約の成立には、法令に特別の定めがある場合を除き、書面の作成その他の方式を具備することを要しない。

契約は申し込みに対して、相手方が承諾した時に成立する。
これだけで成立する契約を諾成契約という。

例えば、売買契約が、諾成契約の典型例である。

(売買)
第五百五十五条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

条文にあるとおり、売買契約は、財産権の移転と代金の支払を約するだけで効力が生じるとされている。
実際に、商品を引き渡すまでもなく、また、代金を支払わなくても、契約が成立していることになる。

それに対して、物の引き渡しを契約の成立要件としている場合もある。これを要物契約という。
例えば、消費貸借契約は、要物契約の典型である。

(消費貸借)
第五百八十七条 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

条文にあるとおり、金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。となっている。約するだけで効力が生じるわけではない。



posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 21:54| 権利関係

代理権の消滅事由

代理権の消滅事由については法定代理と任意代理とで若干異なっている。

まず、法定代理、任意代理に共通する消滅事由は、第百十一条1項のとおりである。

(代理権の消滅事由)
第百十一条 代理権は、次に掲げる事由によって消滅する。
一 本人の死亡
二 代理人の死亡又は代理人が破産手続開始の決定若しくは後見開始の審判を受けたこと。
2 委任による代理権は、前項各号に掲げる事由のほか、委任の終了によって消滅する。

任意代理の消滅事由については、第百十一条2項のとおり、上記に加えて、委任の終了の事由が加わる。
次の条文のとおりである。

(委任の終了事由)
第六百五十三条 委任は、次に掲げる事由によって終了する。
一 委任者又は受任者の死亡
二 委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたこと。
三 受任者が後見開始の審判を受けたこと。

第百十一条1項と被る規定もあるが、要するに、委任者(本人)が破産手続開始の決定を受けたこと。が、消滅事由として加わることになる。

また、本人が後見開始の審判を受けたこと。は、任意代理でも法定代理でも、代理権の消滅事由とならないことをチェックしておこう。


posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 21:37| 権利関係

2018年11月28日

表見代理とは

本人と無権代理人との間に、外観上、相手方にとって、代理権の存在を信じさせるような特別の事情があり、相手方が善意、無過失である場合に、本人に効果を及ぼしてしまおうと言う制度である。

つまり、無権代理の一形態であるが、例外的に、本人に効果を及ぼそうとする制度である。

表見代理の形態としては、次の三つが挙げられる。

(代理権授与の表示による表見代理等)
第百九条 第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う。ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。
2 第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間で行為をしたとすれば前項の規定によりその責任を負うべき場合において、その他人が第三者との間でその代理権の範囲外の行為をしたときは、第三者がその行為についてその他人の代理権があると信ずべき正当な理由があるときに限り、その行為についての責任を負う。

(権限外の行為の表見代理)
第百十条 前条第一項本文の規定は、代理人がその権限外の行為をした場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき正当な理由があるときについて準用する。

(代理権消滅後の表見代理等)
第百十二条 他人に代理権を与えた者は、代理権の消滅後にその代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、代理権の消滅の事実を知らなかった第三者に対してその責任を負う。ただし、第三者が過失によってその事実を知らなかったときは、この限りでない。
2 他人に代理権を与えた者は、代理権の消滅後に、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間で行為をしたとすれば前項の規定によりその責任を負うべき場合において、その他人が第三者との間でその代理権の範囲外の行為をしたときは、第三者がその行為についてその他人の代理権があると信ずべき正当な理由があるときに限り、その行為についての責任を負う。
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 21:26| 権利関係

無権代理人の責任

他人の代理人として契約をした者は、自己の代理権を証明したとき、又は本人の追認を得たときを除き、相手方の選択に従い、相手方に対して履行又は損害賠償の責任を負う。とされている。

次の条文のとおりである。

(無権代理人の責任)
第百十七条 他人の代理人として契約をした者は、自己の代理権を証明したとき、又は本人の追認を得たときを除き、相手方の選択に従い、相手方に対して履行又は損害賠償の責任を負う。
2 前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。
一 他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないことを相手方が知っていたとき。
二 他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないことを相手方が過失によって知らなかったとき。ただし、他人の代理人として契約をした者が自己に代理権がないことを知っていたときは、この限りでない。
三 他人の代理人として契約をした者が行為能力の制限を受けていたとき。

これに関連して2つの判例を押さえておこう。

1、無権代理人が本人を相続し、本人と代理人との資格が同一人に帰するにいたつた場合には、本人がみずから法律行為をしたのと同様な法律上の地位を生じたものと解するのが相当である。(最判昭和40年6月18日)

2、本人が無権代理人を相続した場合、被相続人の無権代理行為は、右相続により当然には有効となるものではない。(最判昭和37年4月20日)

この2つの判例の違いは次の理由による。

無権代理人が本人を相続した場合においては、自らした無権代理行為につき本人の資格において追認を拒絶する余地を認めるのは信義則に反するから、右無権代理行為は相続と共に当然有効となると解するのが相当であるけれども、本人が無権代理人を相続した場合は、これと同様に論ずることはできない。
後者の場合においては、相続人たる本人が被相続人の無権代理行為の追認を拒絶しても、何ら信義に反するところはないから、被相続人の無権代理行為は一般に本人の相続により当然有効となるものではないと解するのが相当である。

posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 21:20| 権利関係