2019年04月15日

宅建士試験過去問 権利関係 委任 1−22 平成9年

Aは、その所有する土地について、第三者の立ち入り防止等の土地の管理を、当該管理を業としていないBに対して委託した。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。




1、Bが無償で本件管理を受託している場合は、「善良なる管理者の注意」ではなく、「自己の財産におけるのと同一の注意」をもって事務を処理すれば足りる。

2、Bが、無償で本件管理を受託している場合は、Bだけでなく、Aもいつでも本件管理委託契約を解除することができる。

3、Bが有償で本件管理を受託している場合で、Bの責めに帰すべからざる事由により本件管理委託契約が履行の半途で終了したときは、Bは既にした履行の割合に応じて報酬を請求できる。

4、Bが有償で本件管理を受託している場合で、Bが死亡したときは、本件管理受託契約は終了し、Bの相続人は、当該契約の受託者たる地位を承継しない。










胡桃「これは何の問題か分かるかしら?」

建太郎「委任の問題だよね。しかも条文レベル」

胡桃「委任かしら?」

建太郎「えっ?委任の問題だよね?」

胡桃「土地の管理の委託って委任かしら?」
続きを読む
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:53| 宅建士試験過去問

2019年04月16日

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 1−23 平成14年

AB間の土地売買契約中の履行遅滞の賠償額の予定の条項によって、AがBに対して、損害賠償請求をする場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。




1、賠償請求を受けたBは、自己の履行遅滞について、帰責事由のないことを主張、立証すれば、免責される。

2、BがAの過失を立証して、過失相殺を主張した時、裁判所は、損害額の算定にその過失を斟酌することができる。

3、裁判所は、賠償額の予定の合意が、暴利行為として公序良俗違反となる場合でも、賠償額を減額することができない。

4、Aは、賠償請求に際して、Bの履行遅滞があったことを主張、立証すれば足り、損害の発生や損害額の主張、立証をする必要はない。







胡桃「これも簡単な問題だわね」

建太郎「ああ。一瞬、債務不履行の問題だからって身構えたら、答え自体は、常識でも分かるような選択肢だからな」

胡桃「とりあえず、何を問う問題かは分かるわね」

建太郎「損害賠償の予定について問う問題だよね」
続きを読む
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:20| 宅建士試験過去問

2019年04月17日

宅建士試験過去問 権利関係 契約の解除 1−24 平成17年

売買契約の解除に関する次の記述のうち、民法の規定及び、判例によれば、正しいものはどれか。




1、買主が、売主以外の第三者の所有物であることを知りつつ、売買契約を締結し、売主が売却した当該目的物の所有権を取得して、買主に移転することができない場合には、買主は、契約の解除はできるが、損害賠償請求はできない。

2、売主が、買主の代金不払を理由として売買契約を解除した場合には、売買契約は遡って消滅するので、売主は買主に対して、損害賠償請求は、できない。

3、買主が、抵当権が存在していることを知りつつ、不動産の売買契約を締結し、当該抵当権の行使によって、買主が所有権を失った場合には、買主は、売買契約の解除はできるが、売主に対して、損害賠償請求はできない。

4、買主が売主に対して、手付金を支払っていた場合には、売主は、自らが売買契約の履行に着手するまでは、買主が履行に着手していても、手付金の倍額を買主に支払うことによって、売買契約を解除することができる。




建太郎「むむっ。これは手ごわいな。契約解除について総合的に問う問題だな」

胡桃「そうね。でも結局、問われている内容は条文レベルだから、確実に得点すべきよ。まずは、1から見ていきましょう」

続きを読む
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:51| 宅建士試験過去問