2019年02月21日

00013宅建士試験過去問 権利関係 意思表示 #宅建 #過去問


★今日の過去問★

A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された。
Bは、甲土地は、将来、地価が高騰すると勝手に思い込んで売買契約を締結したところ、実際には、高騰しなかった場合、動機の錯誤を理由に本件売買契約を取り消すことができる。


胡桃「これも基本的な条文と判例の知識を問う問題だわ。10秒で答えてね。よーいどん!」

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……


胡桃「10秒経過。何の問題か分かるわね?」

建太郎「これは動機の錯誤に関する問題だよな。動機の錯誤は、表示された場合だけ、意思表示の内容になるというのが判例じゃなかったっけ?」

胡桃「そうね。錯誤に関する基本的な判例だわ。それに加えて、もう一つ、突っ込むべき点があるわ。何か分かるかしら?」

建太郎「えっ……? なんだろう?」

胡桃「錯誤の条文をよく読んで」

(錯誤)
第九十五条  意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

建太郎「あっ。錯誤は、無効であって、取り消すものではないという点か?」

胡桃「そうよ。錯誤は、取消的無効と言われていて、原則として表意者のみが主張できることになっているから、ついつい、取消と勘違いしてしまうけど、無効であるということに留意してね」

建太郎「OK」

posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 18:57| メルマガ掲載問題