2019年02月18日

00007宅建士試験過去問 権利関係 行為能力

★今日の過去問★

未成年後見人は、自ら後見する未成年者について、後見開始の審判を請求することはできない。



胡桃「これは条文を知っているかどうかの問題だわ。10秒で答えてね。よーいどん!」

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

胡桃「10秒経過。分かったわね」

建太郎「これも条文通り」

第八百三十八条  後見は、次に掲げる場合に開始する。
一  未成年者に対して親権を行う者がないとき、又は親権を行う者が管理権を有しないとき。
二  後見開始の審判があったとき。

(後見開始の審判)
第七条  精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

建太郎「未成年後見人も、後見開始の審判を請求することができると書かれているね」

胡桃「何度も言うけど、条文には必ず目を通してね。テキストと併用することで記憶を強固にする効果があるからね」

建太郎「OK。俺たちは今読んだから、一歩リードだな」
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:40| メルマガ掲載問題