2019年02月17日

00004宅建士試験過去問 権利関係 行為能力

★今日の過去問★

被補助人が、補助人の同意を得なければならない行為について、同意を得ていないにもかかわらず、詐術を用いて相手方に補助人の同意を得たと信じさせた時は、被補助人は、当該行為を取り消すことができない。



胡桃「正しいか間違っているか考えてみてね。10秒で。よーいどん!」

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

胡桃「10秒経過。分かったわね」

建太郎「条文にある通りだね」

(制限行為能力者の詐術)
第二十一条  制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。

建太郎「判例によれば、保護者の同意を得ていると信じさせるための詐術も第二十一条の詐術と同様に扱うとされていたね。だから、設問の場合、被補助人は、取消権を行使できない」

胡桃「そうよ。基本的な判例だから押さえておいてね」

posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 18:47| メルマガ掲載問題