2018年10月09日

成年被後見人の能力

成年被後見人の財産上の行為は、原則として、取り消しうるものとされている。
次の条文のとおりである。

民法
(成年被後見人の法律行為)
第九条 成年被後見人の法律行為は、取り消すことができる。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、この限りでない。

例外が、但し書きにある通り、『日用品の購入その他日常生活に関する行為』である。
そのほかの法律行為は、原則として取り消しうるものとなる。

なお、未成年者の場合は、その法定代理人の同意を得れば、有効に法律行為をすることができたが、成年被後見人の場合は、成年後見人の同意を得たとしても、原則として、有効に法律行為をすることができない。
仮に成年後見人の同意を得たと称していても、取り消しうるものになると解されている。

すると、成年被後見人が財産を有していたとしても、それを処分することが全くできなくなるのかというとそうではない。
成年被後見人の財産上の行為は、成年後見人が代理して行うこととされている。
次の条文のとおり。

(財産の管理及び代表)
第八百五十九条 後見人は、被後見人の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為について被後見人を代表する。
2 第八百二十四条ただし書の規定は、前項の場合について準用する。

条文上は代表するとなっているが、これは、代理と同様の意味であると考えてよい。

posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 20:38| 権利関係