2018年09月30日

意思能力

意思能力とは、自己の行為の結果を認識、判断することができる能力のことである。

高度の精神病にかかっている場合や酩酊状態にある場合は意思能力がなく、この滋養帯における法律行為は無効である。

民法改正法で、次の条文が新設されているので確認しておこう。

第二節 意思能力
第三条の二 法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を有しなかったときは、その法律行為は、無効とする。

posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 16:24| 権利関係