2020年01月03日

【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門




【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門の冒頭部を動画で公開中!




【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


 社会人として最低限知っておきたい民法の知識をまとめました。

 民法は、人と人との契約関係などについて規定している法律です。
 社会人ならば、誰しも、様々な人々と契約関係を結んでいることになります。
 例えば、営業担当社員であれば、会社の商品をお客様に売るという形で、売買契約等を結んでいることでしょう。
 仕事が営業とは関係ない方でも、お昼の弁当を買うためにコンビニなどに行くことがあるでしょう。その場合は、弁当を購入するという売買契約を結んでいることになるのです。

 つまり、社会人として生活していくためには、民法に規定されている契約関係と無縁ではいられないのです。
 しかも、民法などの法律は、「知らないから関係ない」では済まされません。
 誰もが、民法の知識を有していることを前提とした規定になっているため、「民法を知らなければ、大損をする」のです。

 法学部で勉強した方でもなければ、民法の条文に触れる機会はないと思います。
 でも、社会人ならば、法学部出身でなくても、民法の知識は有していて当たり前なのです。

 本書は、社会人ならば、常識として知っておきたい民法の知識をまとめました。
 法律の勉強をしたことがない方でも読めるように、極力、平易な会話文で解説しています。


 次のような方に、本書をお読みいただきたいと思います。

 □ 宅建士試験、行政書士試験等の法律関係資格の受験を目指す方に民法の入門書として。

 □ 公務員試験を受ける方に民法の入門書として。

 □ これから社会人になる方に一般常識として。

 □ もちろん、既に社会人になってしまっている方も、今から勉強を初めても遅くはありませんよ。


●本書のレベル

 本書は、民法の入門書です。
 民法について、何も知らない方が、独学で、民法の専門書を読めるレベルに引き上げることを狙いとしています。
 民法総則、物権法、債権法の中から、民法を理解するうえで、最低限知っておきたい事項を抽出しました。

 目安としては次のようにお考え下さい。

「宅建士試験で、必要とされる民法の知識の半分」

 このレベルの知識を本書によって身に着けることができます。
 本書をお読みいただいた後ならば、宅建士試験の権利関係のテキストが独学で読めるレベルになっていることでしょう。


『ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズ』
『ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説シリーズ』

 これらのシリーズに取り掛かる前に、本書をご一読いただくと、理解しやすくなるはずです。


●全文が会話文形式

 ライトノベルで学ぶ 民法入門は、『会話文形式で、すらすら読めるテキスト』です。

 一般的な民法の解説書や判例六法等を読んでいると眠くなって頭に入らないという悩みを抱えている方も多いと思います。

 でも、小説ならば、眠くならずに、すらすら読めるのでは?


●ライトノベルで学ぶ 民法入門 あらすじ

 宅建士資格すら有していないのに、突然、伯父の不動産会社を引き継ぐことになった宅本建太郎。彼は、元アイドルで恋人の司法書士桜咲胡桃の指導を受けながら、民法の基本知識を学んでゆく。

・主な登場人物

 宅本建太郎
 桜咲司法書士事務所補助者。宅建資格の勉強中。ひょんなことから伯父不動産王 宅本健一の莫大な遺産を相続することになる。『株式会社 宅本・オーガナイゼーション』の二代目会長兼社長に就任。

 桜咲胡桃
 宅建士。司法書士。桜咲司法書士事務所所長。宅本建太郎の上司にして恋人。元アイドルで可愛い顔立ちに、小柄ながらもB90 W60 H86と素晴らしいボディの持ち主。


●民法改正への対応について

 このテキストはいわゆる債権法や相続法分野の改正に対応しています。

 原則として、改正に従って、記述していますが、現行法で勉強する方にもお読みいただけるように、現行法の解説が必要な部分については、現行法にも言及しています。

 とりわけ、債権法改正により、大きく変わった分野については、試験で狙われる可能性が高いことを考慮し、現行法と改正法の違いを詳しく記述しています。


●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 大滝 七夕
 新潟県村上市出身。『大滝七夕』は、ネット小説・著作限定のペンネームで本名や作家名ではない。
 法学部在学中から資格試験の勉強を始め、宅建、行政書士、司法書士の資格試験に独学で一発合格。大学卒業後は、都内の行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆。その後、某新人賞に応募して、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンス、ファンタジー、武侠小説などを執筆している。
 行政書士として開業しており、十数年以上にわたり、建設業、宅建業の後継者問題、事業承継を専門的に手掛けている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 判例六法ラノベ化プロジェクト
 小説を読む感覚で、隙間時間にすらすらと読めて、なおかつ、『ハイレベルな』教材を開発しようと集まったベテランの実務家(弁護士、司法書士、行政書士、宅建士等)と資格スクール講師の集団。日々、試行錯誤しながら、新しい教材を開発中!
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 00:00| おすすめの教材

2020年01月02日

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト


宅建士資格を有するプロ小説家が執筆。ラブコメ風ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまう画期的なテキストが登場!楽しく学んで楽々合格しよう!


●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

本書は、宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。
シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。




ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト  宅建業法1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト その他編 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 15:51| おすすめの教材

2019年03月19日

定期贈与とは

定期贈与とは、一定の時期ごとに、一定の給付をする内容の贈与契約のことである。
例えば、親が子供に毎月、一定額のお小遣いをやるような場合である。

この契約は、当事者間の密接な人間関係が背景にあるため、当事者が生存している間に限るという意思のもとで行われる。
そのため、民法には、次のような定めが設けられている。

(定期贈与)
第五百五十二条 定期の給付を目的とする贈与は、贈与者又は受贈者の死亡によって、その効力を失う。

当事者のどちらかが死亡した場合は、その権利義務が相続人に承継されるわけではなく、贈与契約自体の効力が失われるということである。
posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 22:45| 権利関係

2019年03月18日

月刊不動産流通2018年7月号

TOPIC:『「民泊元年」事業者、自治体はどう動く?』



住宅宿泊事業法の施行でいよいよスタートする「民泊」。
インバウンド急増による宿泊施設不足の解消や増加する空き家の有効活用などさまざまな効果が期待される一方で、民泊利用者の増加による地域や共同住宅の住環境悪化、トラブル発生も懸念されています。
そこで、新ビジネスを開拓する事業者の取り組みを取材するとともに、主な自治体が打ち出した民泊条例を紹介、民泊市場の今後を展望します。

特集:『地場企業が再生! 遊休不動産をまちのにぎわい拠点に 』
利用されなくなって放置されたままの住宅、土地、ビル、工場 etc.。
全国各地で遊休不動産が増加する中、地場の不動産会社が地域性や建物の歴史・価値を踏まえつつ、遊休不動産を地域住民の活動拠点としエリア活性化につなげた事例を5つ紹介。

談話室: 『近隣住区とコニュニティ』
埼玉大学工学部建設工学科
特任教授・大熊久夫氏

随想: 『色っぽい水辺への小旅行』
パドルスポーツインストラクター&水辺マイスター・糸井孔帥氏

INTERVIEW: 『“管理士"資格創設から10年。社会的役割の高まり受け、業界一丸で国家資格化を目指す』
(一社)賃貸不動産経営管理士協議会
会長・末長輝雄氏

ココに注目!![108]: 『高齢者向け健康サロン事業』
東急不動産(株)(東京都港区)

店舗探訪おじゃましま~す[146]: 『地元同業者と結束。駅周辺に病院・保育園を誘致』
(株)白井商事(さいたま市南区)

わが社のCSR[45]: 『発達障害抱える児童対象に 放課後等デイサービスを運営。障害への理解深める活動も』
日翔レジデンシャル(株)(東京都品川区)

関連法規Q&A[426]: 『宅地建物取引業法第75条の2 に基づく体系的な研修の実施について教えてください。』
国土交通省
土地・建設産業局不動産業課・鈴木晟吾

税理士さん 教えて! [64]: 『海外不動産を売却した場合の課税』
税理士・1級FP技能士・森下清隆

宅建業者が知っておくべき『重説』に関する調査実務 [20]: 『法令上の制限(16)「その他法令上の制限の調査(10)」』
(株)ときそう
代表取締役・吉野荘平

不動産登記の現場から[4] 『民事信託の利用促進について(1)』
司法書士・藤本忠久

宅建ケーススタディ 日々是勉強[50]: 『『借地借家法(借家)』に関する問題』
(株)頭脳集団ブレイン
代表・竹原 健

知っ得! 営業に役立つ建築基礎講座[109]: 特別篇インスペクション(4)建物状況調査の具体的な留意点
『重要事項説明の際にポイントとなる、各種情報の把握・説明』
(株)ユニ総合計画
一級建築士・秋山英樹

適正な不動産取引に向けて 事例研究[403]: 『地中から石綿を含むスレート片を引渡後に発見。売主への損害賠償請求が認められた事例』
(一財)不動産適正取引推進機構
調査研究部・葉山 隆

行政情報コーナー: 『「都市再生特別措置法等の一部を改正する法律案」が成立』
『不動産コンサルティング技能登録制度の最近の動きと平成30年度技能試験の概要および入門研修について』
『「今後の共助による地域づくりのあり方検討会」がとりまとめ』
『土地取引動向調査(平成30年2月調査)の結果について』
消費者の目: 『ライフステージや働き方の転換が、住まい方を変える』
「シリーズ・この道ひとすじII」
遺品整理サービスのパイオニアが語る 『人の生き様から学ぶ生き方[13]』
キーパーズ(有)
代表取締役・吉田太一

コレでバッチリ! 営業マナー講座 Lesson109: 『子連れ客編 迷惑行為にはきちんと対応』
ヒロコマナーグループ
代表・西出 ひろ子

NEWトップに聞く[1]: 『マンション建て替えナンバーワン企業へ』
旭化成レジデンス(株)
代表取締役社長・池谷義明

Point of View[150]: 『「しない」「させない」「許さない」職場のハラスメント(3)
「マタハラ」「ケアハラ」対応に要注意! 』
(株)クオレ・シーキューブ
執行役員シニアコンサルタント・稲尾和泉

「NIPPONまちの履歴書」[7] 埼玉県/草加市・草加松原

地図博士ノノさんの鳥の目、虫の目[151]: 『重く受け止めたい 大川小訴訟一・二審判決』
(一財)日本地図センター
理事長・野々村 邦夫

外国人客がご来店! 話してみよう! 英語・中国語 Lesson19: 『「注意事項をお読みください」』
田中和代・瓜生 真二郎

JREIT研究所[148]: アイビー総研(株)
代表取締役・関 大介

日本全国不動産掘り出し情報[151]: 『宇部市』『三島市』

不動産デジタル事情[209]: 『クラウドファンディング(1)』
(有)エフ・ディ・エス
代表取締役・有瀧敬之

WORLD VIEW[246]: カンボジアの不動産事情2
『富裕層から一般国民向けへと、 徐々にシフトする住宅開発。プノンペン中心部から郊外へ拡大』
カンボジア国土管理都市計画建設省法律顧問
金武 絵美子

忙中閑あり
MARKET INDEX
業界団体の動き
Book&Information
不動産ニュースクリップ
バックナンバー




不動産関係の雑誌は定期購読がおすすめ

月刊 不動産流通 不動産実務に役立つ記事満載。「もっと早く購読するべきでした」という声を頂戴しています。
1982年創刊、不動産業に携わる方に向けた日本唯一の月刊専門誌。 勝ち組になるには何が必要か。不動産実務・営業現場に役立つノウハウ、知識を、徹底した取材や専門家による解説をもとにわかりやすく提供しています。 税制、法律、行政情報、マーケットトレンド等、不動産ビジネスに必要なさまざまな情報も豊富に掲載。売買・賃貸仲介業から分譲、管理、投資、リフォーム、コンサルティング、etcまで、経営者・営業マンを問わず、広範な分野の方々に役立つ雑誌です。

不動産法律セミナー 最近の試験傾向を分析・検討した各試験対策講座をはじめ、頼りになる学習情報が満載。
本誌は、司法書士・土地家屋調査士・測量士補・行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者等の不動産・法律関連資格取得のための学習に必要な情報を掲載し、初学者から実務家まで、幅広くご愛読いただいている国家資格合格指導情報誌です。最近の試験傾向を分析・検討した各試験対策講座をはじめ、頼りになる学習情報が満載。また、実務で活躍中の諸先輩や、受験生の「声」を豊富に収録し、受験生活を力強くバックアップします。

日経不動産マーケット情報 日経BP社発行の東京圏の事業用不動産の売買価格と賃料をウオッチする専門情報誌。最新情報を毎号お届けします!
「日経不動産マーケット情報」は不動産の売買・賃貸などに関わる実務者に、東京圏の事業用不動産(オフィスビル、店舗ビル、賃貸マンションなど)について実際の売買データや賃料情報を提供する情報誌です。不動産の売買・賃貸・仲介・管理・評価など、東京圏で不動産ビジネスに携わるすべてのプロにお奨めします。

不動産鑑定 わが国唯一の不動産鑑定の専門誌
主に不動産鑑定に関わる実務家を対象としたビジネスの動きと解説、不動産鑑定に関する実務の在り方、研究論文などで構成。また、「不動産鑑定士試験」にチャレンジする方のために毎年の試験問題と解答例も掲載。実務家・受験生問わず、不動産ビジネスに関わる方の必読誌です。

不動産受験新報 不動産資格受験者のライセンスパートナー
宅建、マンション管理士、管理業務主任者、行政書士、司法書士、土地家屋調査士などの資格試験受験者必見の受験情報誌。試験直前期の勉強法や法改正情報などの有益な情報をタイムリーにお届けします。他の受験生よりも一歩リードするための情報満載!



posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:58| 専門雑誌のご案内

00037 宅建士試験過去問 権利関係 能力 #宅建 #過去問



★今日の過去問★

Aは自己所有の土地を売却しようとしているが……
買主Bが被保佐人であり、保佐人の同意を得ずにAとの間で売買契約を締結した場合、当該売買契約は当初から無効である。


胡桃「基本的な条文の知識を問う問題だわ。10秒で答えてね。よーいどん!」

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

胡桃「10秒、経過。この問題はどう考えればいいか、分かるわね?」

建太郎「被保佐人は一定の行為について、行為能力が制限されているという話だよな」

(保佐人の同意を要する行為等)
第十三条 被保佐人が次に掲げる行為をするには、その保佐人の同意を得なければならない。ただし、第九条ただし書に規定する行為については、この限りでない。
一 元本を領収し、又は利用すること。
二 借財又は保証をすること。
三 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。
四 訴訟行為をすること。
五 贈与、和解又は仲裁合意(仲裁法(平成十五年法律第百三十八号)第二条第一項に規定する仲裁合意をいう。)をすること。
六 相続の承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。
七 贈与の申込みを拒絶し、遺贈を放棄し、負担付贈与の申込みを承諾し、又は負担付遺贈を承認すること。
八 新築、改築、増築又は大修繕をすること。
九 第六百二条に定める期間を超える賃貸借をすること。
2 家庭裁判所は、第十一条本文に規定する者又は保佐人若しくは保佐監督人の請求により、被保佐人が前項各号に掲げる行為以外の行為をする場合であってもその保佐人の同意を得なければならない旨の審判をすることができる。ただし、第九条ただし書に規定する行為については、この限りでない。
3 保佐人の同意を得なければならない行為について、保佐人が被保佐人の利益を害するおそれがないにもかかわらず同意をしないときは、家庭裁判所は、被保佐人の請求により、保佐人の同意に代わる許可を与えることができる。
4 保佐人の同意を得なければならない行為であって、その同意又はこれに代わる許可を得ないでしたものは、取り消すことができる。

建太郎「不動産の売買は三号に該当する」

胡桃「問題は、当該売買契約は当初から無効なのかどうかだけど?」

建太郎「いや。無効じゃないな。4項に、保佐人の同意を得なければならない行為であって、その同意又はこれに代わる許可を得ないでしたものは、取り消すことができる。とある通り、取り消すことができるにすぎず、取り消されない限り有効だ」

胡桃「そうね。基本だから押さえてね」




建太郎&胡桃コンビが登場する楽しい教材はこちらです。

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト

宅建士資格を有するプロ小説家が執筆。ラブコメ風ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまう画期的なテキストが登場!楽しく学んで楽々合格しよう!

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

本書は、宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。
シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。





ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト  宅建業法1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト その他編 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


posted by 宅建士試験ラノベ化プロジェクトチーム at 19:55| メルマガ掲載問題